100均のアルコールマーカーを使った簡易イラストメイキング

100均のイラストマーカーを使ったマスコットキャラと猫耳女の子の絵の簡単なアナログメイキングです。
初心者向けだと思います。
アナログメイキングを見るのが好きなのでハードル下げておきますね。
Q:アルコールマーカーって何?→A:コピックのようなものらしいですよ。

・持っているもの
キャンドゥ:全部、セリア:黄色、茶色、グレー系2色以外全部、ダイソー:ライトグレー系2色、黄土色、焦げ茶色のみ

・構図決め
どういう絵にするか決めます。
何気に構図が一番重要だと最近すごく思います。うまく説明できないですが、重要だと思います。
とか言ってる割には普通すぎる構図になりました。重要さはわかっていてもできるとは限らないです。
自分が分かればいいレベルであれなので画像は省略しますがどうでもいい紙に小さく描いてます。

・下書き

コピー用紙消せるカラー芯の青鉛筆シャープ0.7で下書きします。
コピー用紙は割とまじめにコピックとかのアルコールマーカーに向いてる紙だそうです。
カラー芯は水色を使うのがスタンダードと思われますが、個人的に薄いのでを使ってます。
(スキャンすると青が水色っぽくなるので水色に見えますが本当に青です。)
シャープペンは普通に使えれば何でもいいのですが、普通の鉛筆を使う場合もあります。
あるのでHBを使ってますが、本当はBか2Bにしたいです。

・線画

アルコールマーカーでにじまない水性のペンで線画を描いて下書きを消します。
ミリペンを使うのが無難と思われますが、だいたい耐水性のないペンをここぞとばかりに使ってます。
今回はココイロで線画を描きました。細くて強弱つけられます。つけペン挫折勢におすすめ。
普通に描いた後、輪郭を縁取りしました。
同じ意見の方をあまり見かけないですが、線画は個人的に一番好きな工程です。

この段階でスキャンしておけば失敗したときコピーして塗り直せたりデジタルで塗ったりできます。
失敗した線画をもう一度塗ったことはほとんどありませんが(塗りはあまり好きでないので)、
塗りに苦手意識があるのでスキャンしておけば精神的に楽になります。

・マーカーで塗る

塗りは苦手なので普通に塗りました。
とりあえず色を混ぜたりぼかしたりするのは乾かないうちにやります。
乾いてしまうとほぼ混ざらなくなります。
彩度を高くしたいところはあまり色を混ぜないほうがいいです。
結構にじむのではみ出さないように塗ります。
目は早い段階で塗る派、光もさっさと入れる派です。
当初の予定ではねこさん達はモノクロ系の色のみでしたが、やっぱりいろんな色で塗ることにしました。
服の色ももっと濃い色の予定でしたが、灰色系になりました。

・色鉛筆と白ボールペンで塗り込み

色鉛筆で細かい部分を塗り込みます。
マーカーにない色を使って色を増やしたりします。
大体赤、青、紫系統の色で影を濃くする感じで塗りました。

白ボールペン(ボールサインノックの白)でハイライトも入れました。
漫画用のホワイトなどがある場合はそちらのほうがいいと思います。
白ボールペンは文具としては売れ残りやすいのかたまに投げ売りされてるのを見ます。

・デジタルで調整、仕上げ
スキャン後、映ってしまったゴミやはみ出しなどを直して色調調整でアナログの色に近づけます。
グラデーションと素材を使って背景も付けました。デジタルってすごいね〜!
背景部分は浮かないようにテクスチャを貼りました。
ソフトはあるのでCLIP STUDIO PAINTを使いましたが、フリーソフトでもこれぐらいのことはできると思います。

完成!

おめでとうねこさん!ありがとうねこさん!
画材レビューページに今回使った画材のもう少し詳しいレビューがあります。

以下、余談
アルコールマーカー興味はあったけど気に入るかどうかわからないし
高くて買う気が出なかったのですが、100均で出てくれたので買ってみました。
実際に使ってみるまでは正直こういう塗りはデジタルでできるから買うほどではないかなと思っていたのですが、
アナログでデジタルっぽく塗れるのって楽しいですね。準備や片付けも楽。
個人的にはこの中ではキャンドゥのが一番おすすめです。日本製ですし。
小さいので量が少ないのかもですが、あとでコピックを買うことになっても持ち運び用として使えそうです。
ダイソーのはブラシが筆でないうえ色がわかりにくくてキャップが固すぎ、
セリアのはすでに出が悪くなってきたのがいくつか…
とはいえ2本で100円としては十分使えると思います。うまい具合に色もかぶらないですし。
コピックをお持ちの方はコピックを使ったほうがいいと思います。
途中まで下途切れてるのは普通にスキャンで失敗したからです。仕方ないね。
まあ、完成したのがちゃんとスキャンできれば問題ないです。


←戻る

© 2013-2019 siosuika